ソシナの秋句

捨てられし玩具をつつむ花野かな

子殺しに柘榴を一つ鬼子母神

一箸め背と決めている秋刀魚かな

鮭(はららご)を弁当に詰める朝まだき

さくさくと切る髪をすく秋の風

月夜なら涙も不思議はないでしょう

さやけさや壁を扉をゆくひかり

華やげる女の末路秋の薔薇

秋夕焼け地球は自分中心に

宵闇に灯すものあり龍の街

秋薔薇の蕾の尖る門の上

孤独とは畑に残りし一つ瓜

秋風やむかしは旅をしたやうな

呑兵衛が目の色変える朝の梨

赤のまま庭草にして抜かぬ家

柳散る川に銀波の微かなり

秋木立妖精視るしっかりした子

広告を非表示にする